2012年11月7日水曜日

Sony Readerなど国産電子書籍リーダーが続々値下げ、3G搭載モデルも

先ほどのLideo発表に先立ち、国産の他の電子書籍リーダーにも新しい動きが出てきた。

東芝、電子書籍端末「BookPlace DB50」の直販価格を6000円値下げ - 電子書籍情報が満載! eBook USER

こちらは東芝の電子書籍リーダー。カラー液晶でOSがAndroidベースとなっているので、Kindle Paperwhiteやkoboと単純に比較はできないが、それでも今この価格を見て買いたいと思う人はいないだろう。もう少し思い切った価格にできなかったのだろうか。

ソニーの電子書籍「Reader」値下げ 3Gモデルが1万800円に - ITmedia ニュース

こちらは以前この記事でも紹介したSony Readerの3G搭載バージョン。
そう、3G通信ができる電子書籍リーダー端末はKindle Paperwhite 3Gだけではないのだ(ただしこちらはauのネットワークを利用している)。
気になる料金プランは2つあり、Readerストアへのアクセスにのみ使用できるプランは、1年目無料、2年目は1冊でも買えば無料、3年目以降は年額1050円となっている。
もうひとつ、Webブラウズができるプランは、月額580円となっている。

3G接続の料金プラン | 電子書籍リーダー“Reader”(リーダー)| ソニー

しかし、電子ペーパーでのブラウジングは正直言ってあまり快適とは言えない。これはkoboでもReaderでもあまり変わらないと思う。それを承知の上で、最低限のWebアクセスをしたいということであれば、悪くないかも。

こちらに比較記事も出ている。購入を考えている方は参考に。
[比較] 半額以下になった「Sony Reader」は買いか、3G使い放題で「Kindle Paperwhite」より安く - bizmash!:@nifty