2012年11月6日火曜日

ドコモがLTE通信料を実質値下げ、2年プランは月3980円に


さて、話題のドコモLTE「Xi」だが、月額料金の実質値下げが発表された。

ドコモ、LTEデータ通信の料金を永年割り引くキャンペーン - ケータイ Watch

キャンペーン期間は来年3月末までで、この期間に新規契約したユーザおよび既存ユーザは、月額955円が永年割引になるとのこと。これにより、2年縛りのプラン「Xiデータプランライト にねん」は月額3980円となり、先日発表されたBIGLOBE LTE スタンダードプランのキャンペーン料金と同額となった。

もちあるいてなんぼ。: BIGLOBE LTEが「月額1050円引き」キャンペーン開始!

私はドコモの契約者ではないので料金プランについては詳しくないが、それでも「何か割引がいろいろあってよく分からない・・・」という気はしている。

最近のXi関係の割引だけでも、「プラスXi割」とか「ありがとう10年 Xiスマホ割」とか、ただの「Xiスマホ割」とか、皆同じような名前で訳が分からない。

外から見ている立場としては、期間限定の割引をいろいろ増やすより、ずばり「月額料金値下げ」と言い切ってくれたほうが分かりやすい。 なのに何故ドコモは「永年割引」とか歯切れの悪いことを言うのだろうか。

私の勝手な考えだが、ドコモ的には「FOMAからXiへの移行」と「既存ユーザのつなぎとめ」のために月額を下げる必要があるが、かといって「他キャリアと値下げ競争はしたくない」という、矛盾した二つの思いを抱えているのではないだろうか。

Xiといえば、先月の冬モデル発表会でも、「Xi」のパネルの上に即席で作られた「docomo LTE」というパネルが貼られていた(こちらの写真参照)。「ドコモが急にLTEと言い出した」と話題になったが、これもまた、Xiが他キャリアのLTEプランに押されている象徴的な出来事だった。