2012年11月2日金曜日

イーアクセス、楽天、kobo等、先月の気になるニュースその後

10月を振り返ってみると、まずソフトバンクのイーアクセス買収というビッグニュースから始まり、携帯3キャリアの冬モデル発表、iPad miniとKindleの発表、ドコモMVNOは楽天、Panasonic、
niftyと3つも新サービスがスタートし、けっこう盛りだくさんな1ヶ月であったと思う。
(他に、記事にはしなかったがソフトバンクのSprint買収やWindows8発売などもあった)

それぞれの記事を書いた後に新しい展開があったところが多いので、全部まとめてフォローしてみる。

ソフトバンクがイーアクセスの子会社化断念?

ソフトバンク、イー・アクセスの出資見直し 株式保有率引き下げ検討 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

買収が発表された直後から「周波数を金で買っていいのか」という批判は出ていた。
結局、ソフトバンクが総務省の顔色をうかがって、こういう決着となったようだ。
気になるのは、比率が下がることで両社の関係がどうなるのか、ということ。
会見であれほどお互いラブコールを送っていた両社が「冷めた関係」になってしまうのだろうか。

楽天ブロードバンドLTE、キャンペーン延長

競争が激化する低価格 SIM カードサービス--最後発「楽天ブロードバンド LTE」に勝算はあるか? (1/2) - インターネットコム

こんな記事も出ている楽天ブロードバンドLTEだが、このブログを見て加入しましたとコメント下さった方もいて、それなりに人気を集めている模様。
エントリープランのLTE通信量200MBが400MBとなるキャンペーンは先月末までの予定だったが、先ほど公式サイトを見たら11月22日まで延長されていた。また、先着2000人とされていた同キャンペーンの適用人数も撤廃されている。

無料通話アプリ「comm」が利用規約を変更

DeNA、「comm」の規約を改定 「不安を助長したことをおわび」 - ITmedia ニュース

先日紹介したDeNAの無料通話アプリcommだが、その記事でも書いたとおりアプリの権限が異常に多いことと、「通信内容は第三者が使ってもいい」とする利用規約が大きな批判を受けて、発表翌日に変更することとなった。
・・・本当に最近「タダより怖いモノはない」ということを痛感する。

auのLTE新技術は実はドコモも対応していた

KDDI、高速ハンドオーバーの調査で訂正――ドコモのLTE端末も対応 - ITmedia Mobile

先日au冬モデルの発表で、LTEから3Gへのハンドオーバーを高速に行う「Optimized Handover」はドコモ端末には搭載されていないという話があったが、実はドコモにも同等の技術が搭載されていた、とのこと。

kobo Touchがヤフオクで大暴落

「新品未開封」楽天Koboがヤフオクに続々出品 半額未満なのに、入札わずか (1/2) : J-CASTニュース

先日Kindle発表と同日に、楽天カード会員の一部に無料でkobo Touchが送付されていたことが話題になったが、当然というか何というか、ヤフオクでは新品のkobo Touchが大量に出品されて相場が大暴落している。
まぁ、新商品が発表された今となっては、単なる在庫処分だったのでは・・・と思えてしまうが。

Kindleで買った書籍は自分のモノにはならない

Kindleで購入した電子書籍は、実はユーザーのものではない « WIRED.jp

これを読んで思ったのは、「Amazonで紙の書籍を買ったらKindle版もダウンロードできる」のが自分的には理想、ということ。紙の本の所有と電子書籍の利便性の両方が手に入るわけだから、それなら多少高くてもいいかな、と思う。