2012年10月6日土曜日

「通信量制限」がスマホを難しくしている?

昨日の楽天ブロードバンドLTEや、先日のドコモMVNO比較まとめの記事を書きながら思ったこと。
それは、「通信量制限がスマートフォンを小難しくしているのでは?」ということだ。

ドコモMVNOで最初の通信量制限プランは、おそらくb-mobile Fairだと思う。
その名の通り「公平な通信」を目指して作られたプランである。

料金は応分負担すべき——日本通信が考える"フェア"なデータ通信 - ITmedia
Mobile
日本通信 bモバイル・フェア 1GB SIMパッケージ 120日間

書かれていることはごもっともで、ごくわずかの超ヘビーユーザが帯域の多くを使っているため、他のユーザが同じ定額料金を払うのはおかしい、という主張はよくわかる。

今日のドコモMVNOでは当たり前になった「月1GBまで高速、それを使い切ったら低速」というプランも、この考えに基づいて設計されている。
ヘビーに使っていればあっという間に1GBを使い切ってしまうわけで、ユーザは意識して通信量を抑えることになる。その結果「超」がつくようなヘビーユーザはいなくなり、皆それなりの通信量に収まっていく。

しかし、この「1GBまで」という数字を常に意識しながらスマートフォンを使うのは、使う方としては幸せなんだろうか?とたまに考える。
もちろん通信量制限があるから安く済むというメリットは理解できる。が、スマートフォンで何かしようとするたびに「通信量がもったいない」みたいに考えてしまうのは、正直息苦しい。

また、通信量を抑えるためにはアプリの自動更新をOFFにしたり、通信量をしょっちゅうチェックしたりといった手間がかかる。
そういうのは面倒だしよく分からない、といったライトユーザは結局通信量制限プランには寄りつかなくなるわけで、「それなりの知識を持って厳しい自己管理が出来る人」しか使わなくなる。

私は決して通信量制限プランを否定しているのではない
ただもうちょっと「普通の人にもとっつきやすいプラン」にできないものかと思うのだ。

・・・と書きながら、私にも妙案があるわけではなく、なかなか難しいとは思う。