2012年10月26日金曜日

Amazonの「Kindleストア」はやっぱり凄かった

Amazonのタブレット電子書籍リーダーときて、最後に電子書籍ストアの話。


Amazon.co.jp: Kindleストア

koboのときにさんざん言われたとおり、電子書籍はリーダー端末を売っておしまい、というビジネスではない。ストアで電子書籍を買い続けてもらって初めて成立するビジネスだ。
Amazonも例外ではなく、いくらKindleが出来の良い端末だったとしても、Kindleストアがダメだったら魅力が半減してしまう。

というわけで、昨日オープンしたKindleストアをさっそくチェックしてみた。
さすがAmazon、きっちり作ってきたな、と思ったところを挙げてみる。

ふつうのAmazonと変わらない操作感

当たり前だが、他のAmazonのページと構成が同じなので、使い方に迷うことはない。 検索もちゃんと使える(ここはkoboがダメすぎたのだが)。
また、レビューは紙の書籍と共通化されていて、そちらのレビューもすぐ読める。
何より抜け目ないなと思ったのは、紙の書籍と電子書籍の両方の価格を表示して、電子書籍のほうがいくらお得、というのをちゃんとアピールしているところだ。

クレジットカード以外の決済方法がある

日本では、一部の電子書籍ストアがキャリア決済に対応している他は、ほとんどのところがクレジットカード決済メインではないだろうか。これではカードが持てない学生に普及しない。
Amazonにはコンビニで買えるプリペイドカードがあり、それを購入してあらかじめ登録しておけば、ワンクリックで電子書籍が購入できる。
これはけっこう大きなアドバンテージではないかと思う。

マルチデバイス対応

Kindle
Amazon Mobile LLC
価格:無料  平均評価:4.2(118,003)


Kindleアプリを入れれば、AndroidやiOSの端末でも読める。今日は荷物が多いからKindleは持っていかないでスマホで読もう、とか自由にできる。
これは他の電子書籍ストアも対応しているところが多いが、ついにkoboはKindle上陸までに間に合わすことが出来なかった。

ちなみに書籍の種類は、Amazonだからといって特別多い訳ではない。パッと見、GooglePlayブックスとそんなに変わらないのでは?と感じた。
しかし、Amazonの強力なレコメンドシステムで「これを買った人はこんなのも買っています」とか表示されるようになると、フラフラといろんな本を買ってしまいそうで怖い(あのレコメンドで目的外のモノまで買っちゃったことがある人は多いはず)。