2012年9月20日木曜日

Vプリカを使ってkoboイーブックストアで本を買ってみた

本が少ない上に最近は水増しとも思えるラインナップで(悪い方に)話題のkoboイーブックストアだが、検索してみるとたまには欲しい本もある。

が、koboイーブックストアの難点は、決済方法が楽天スーパーポイント・楽天キャッシュ・クレジットカードの3つしかないことだ。
スーパーポイントは貯めていないし、キャッシュは手数料がかかる。
私の場合、事実上クレジットカード決済しか選べないのだが、kobo初期のシステムトラブルもあり、どうもクレジットカード番号を楽天に預ける気になれなくて、イーブックストアでは本を購入したことがなかった。

が、最近あちこちのニュースサイトで「Vプリカ」なるカードのPR記事が出ていて、ちょっと興味を持った。

クレジットカードのいいとこどりができるVプリカのメリットまとめ : ライフハッカー[日本版]

ネット専用クレカ便利すぎ。クレカを持てない、持ってない人に最適な「V-PreC@(Vプリカ)」 : ギズモード・ジャパン

【レポート】海外ネットショッピングの専門家が斬る!プリペイド式の「Vプリカ」は本当に使いやすいのか? | ライフ | マイナビニュース

要は「使い捨てクレジットカード番号を発行してくれるサービス」だ。手数料もそれなりにかかるのだが、話の種にと思って使ってみることにした。


ネットショッピング専用 Visaプリペイド-Vプリカ 本人確認、審査なしで発行できます。

プリペイドサービスなので、申し込みの際に3000円・5000円・10000円のどれかを選んで購入する必要がある。
オンラインでクレジットカード決済するか、コンビニで購入するかのどちらかだが、使い捨てカード番号を買うためにカード番号を入力するのも馬鹿らしいので、コンビニで購入することにした。

私は近所のファミリーマートで購入。Famiポート端末で手続きして、レジで購入代金(3000円+手数料200円)を支払うと、「Vプリカ発行コード」が印刷された紙を渡される。
それを、Vプリカのサイトで登録すると、カード番号が発行される。


実際にカードが発行されるわけではないが、上のように本物のクレジットカードっぽいデザインのバーチャルカードが表示される。
これに、普通のクレジットカードと同じように16桁の番号と3桁のセキュリティコード、有効期限、登録した名前(ニックネーム)が表示されるので、あとは買い物したいオンラインショップでそれらを入力すれば使える。

実際koboのアカウントにこのカード番号を登録して、本を買ってみたが、問題なく決済できた。

手数料が高いのが難点だが、私のように「このストアではカードを使いたくない、でもカード決済しか使えない」 という時には便利だと思う。