2012年9月24日月曜日

日本通信「スマートSIM 980Turbo」をAmazonとヨドバシで発売!

月末恒例、MVNOの新展開の話題。本日1本目は日本通信から。

日本通信、低価格通信の決定版「スマートSIM 980 Turbo」をAmazon.co.jpで販売開始|日本通信株式会社

日本通信、低価格通信の決定版「スマートSIM 980 Turbo」をヨドバシカメラで販売開始|日本通信株式会社

先日のスマホ電話SIMと同様、Amazonとヨドバシでほとんど同じ内容のプレスリリースが発表された。
これで、日本通信のSIMパッケージでAmazonとヨドバシの両社で取扱があるのは、前述のスマホ電話SIMとPairGB SIMに続いて3種類目となる。
(その他に、ヨドバシ独自のSIMとして基本料0円SIM、Amazon独自のSIMとしてAmazon専用SIMがある。)

すでにAmazonとヨドバシでは商品ページもできている。

ヨドバシ.com - 日本通信 BM-YDU150L [bモバイル 3G・4G スマートSIM 980Turbo 標準SIMサイズ]【無料配達】

この「スマートSIM 980 Turbo」、商品名を見ても分かるとおり、イオンSIMのAプランをそのままAmazonとヨドバシに持ってきたという感じだ。イオンSIMでは10月1日から150kbpsとなるが、こちらの商品は一足先に明日から「980円で150kbps」となる。
もちろんTurbo Chargeも使える。

日本通信はAmazonとヨドバシに様々な種類のSIMを提供してきたわけだが、ここにきてイオンSIMと同様のプランに回帰するのは、やはり「100kbpsだけど980円」というプランが、一番分かりやすく訴求力があったという証明だろう。
100kbpsから150kbpsにスピードアップするタイミングで販路を拡大し、一気にシェアを拡げる戦略だと思う。
さてIIJやDTIなどのライバルはどう出るのか、注目したい。