2012年9月11日火曜日

パブーとインプレスで有料書籍を買ってkoboに入れてみた

久々にkoboで読書の話題。

いままでもWeb上の記事をEPUBに変換したり、ツイッターや画像共有サイトをEPUBに変換したりしてkoboを活用する方法を書いてきたわけだが、やっぱりkoboは電子書籍リーダーなのだから「本」が読みたい。当たり前のことだ。

が、koboイーブックストアは売れ筋の本を頑張って集めているとはいえ、どうも自分が読みたい本がない。あと、kobo開始当初のシステムトラブルが記憶に新しいので、楽天にクレジットカードの番号を預けたくないという思いもあり、まだkoboイーブックストアで本を買ったことがない。
(楽天もAmazonやiTunesのようにプリペイドカードを販売したらいいのに、と思う)

・・・と思っていたところ、ブクログのパブーで読みたかった本が電子書籍で販売されたので、初めて買ってみた。


津田大介さんの本は前から一度読みたいと思っていたが、紙の書籍では987円のところ電子書籍では580円というお得感もあり、ついにポチってしまった。
パブーのEPUBは、この記事でも書いたとおり、変換などせずにそのままkoboに放り込んで読むことができるので便利。
まだ最初の10ページほどしか読んでいないが、とても快適に読書できる。

そして、もう一冊がこれ。

このブログを本格的に更新し始めてから半年、いろいろ思うところがあり、著名なブロガーさんはどうやって毎日更新を続けているのか、ブログ運営の心がけを知りたいと思って買ってみた。

この本、 impress Directで販売されているPDFを購入したのだが、心配だったのはファイルサイズ。約22MBもあるのだ。
koboではせいぜい2~3MBくらいしか読み込めないと聞いていたので、最悪PCで読むことになっても仕方ない・・・と思っていた。
が、意外とサクッと読み込んでくれた。
いま5分の1ほど読んだが、数ページに一度ページめくりに少々時間がかかることがある以外、まあ許容範囲。むしろこのサイズのPDFもなんとか読めるんだ、ということが分かってよかった。


ところで、この2冊を入れたので、初めてkoboを使って電車の中で読書してみた。もっと奇特な目で見られるかと思っていたが、そうでもない。iPadの方がよほど大きくて目立つかも。