2012年8月10日金曜日

空港の無料Wi-Fiを使う 成田空港編

旅の記事第2弾。本日は、旅の窓口である空港のWi-Fiについて。
実は羽田と成田は、空港ロビーのほぼ全てのエリアで、無料のWi-Fiが使えるようになっている。

成田空港の無料無線LANが大幅拡充、「座れるところをほぼ網羅」:ニュース:PC Online

羽田空港、国内線旅客ターミナル館内全エリアで無料の公衆無線LANサービスを11月1日より提供開始へ

私も、この両空港に行く機会があったので、実際に接続して使ってみた。
まずは成田空港から。
私が試したのは第2ターミナルだが、第1ターミナルも同じ手順でいけるはず。

まずロビーに入ったら、Androidの設定からWi-Fi設定を開き、

「narita-airport-free-wifi」

というSSIDが表示されているか確認する。
あればタップして接続。
その後、ブラウザを立ち上げると以下のページにリダイレクトされるので、「さっそく登録する」をタップ。


規約を読んで同意。


メールアドレス登録画面になる。
ここで登録したメールアドレスに確認メールなどは来ない。


メールアドレスを確認して「登録」をタップ。


セキュリティレベルの説明文を読んで、「同意する」をタップ。


これでようやく接続が完了し、外部サイトを見られるようになる。



一度繋がってしまえば高速で通信できるのだが、繋ぐまでの手順がけっこう面倒。
また、私の場合端末がスリープするとWi-Fiが切断されるので、スリープから復帰した後にまたセキュリティレベルの説明文のところにリダイレクトされてしまう。
なので、接続と切断を短い時間に繰り返すような使い方には向いていない。
一度繋いだらしばらく接続しっぱなし、という使い方がメインになるだろう。

また、4階のショップスペースでは、吹き抜けに近いところだと接続できるが、ちょっと影になるところだと接続できなかった。レストランに入ってしまうと繋がらないのが痛い。

なお、このWi-Fiは暗号化されていないので、重要な情報の送受信はしないように注意する必要がある。

というわけで、接続の手順や場所にやや難があるものの、無料で使わせてもらえるのだから文句はいえない。ロビーでの待ち時間に高速通信を使えるのは、ふだん128Kで通信している身分としては大変ありがたい。

次は羽田空港編へ。