2012年8月7日火曜日

イオンSIMとIDEOSが体験できる「イオンデジタルワールド」に行ってきた

先日イオンSIMがLTE対応された記事を書いたが、その時にイオンSIMの公式サイトを久々に見て、ちょっと驚いたことがあった。

IDEOS買って6ヶ月無料キャンペーン | b-mobile SIM

まず1つがこれ。
先日IDEOS値下げの記事で書いたプランの方がお得なのだが、こちらは店頭でぱっと買えて半年タダで使えちゃうのだから、けっこう訴求力があるかも。

イオンSIM体験コーナー | b-mobile SIM

もう1つがこれ。
イオンデジタルワールドは全国のいくつかのイオンに入っているが、イオンSIM体験コーナーがあるのは4月にオープンしたイオンモール船橋だ。
このイオンデジタルワールド、従来の「家電売り場」とは違って、スマートフォン・ゲーム・オーディオビジュアルの総合売り場ということだ。
面白そうなので実際に行ってみた。

もらってきたイオンSIMとIDEOSのチラシ。イオンSIMのチラシはすでにLTE対応&マイクロSIM対応になっていた。

まず行ってみると、店頭の一番目立つところはやはり大手のスマートフォンやタブレットが並んでおり、特にiPadあたりが人気だった。
イオンSIM体験コーナーはその裏にある。

実際にイオンSIMが刺さったIDEOSが2台と、Wi-Fiルータが1台、PSPが1台あった。もちろん4台ともモックではなく実際の商品である。
まずはAプランのSIMが刺さったIDEOSを触ってみる。
(実はIDEOSを使うのは初めてである。モックは何回も触っているのだが)


やはり画面の小ささが気になる。解像度も低いので表示がザラザラしている感じ。
ただレスポンスは思ったほど悪くない。
ブラウザを立ち上げて、適当にGoogleにアクセスしてみる。

おそっ!

いやー、懐かしいこの遅さ!

このIDEOSの隣には「Twitterでつぶやいてみましょう」という案内があり、わざわざ専用アカウントまで用意されているのだが、何せ画面が小さくて入力が面倒なのでやめた。



その隣のWi-Fiルータにも、やはりAプランのSIMが刺さっており、「お使いのスマートフォンを接続してみましょう」という案内にSSIDとパスワードが書いてあったので、接続してみた。

おそっ!

いやー、さっき遅かったのはIDEOSのスペックもあるのかな、と思ったが、自分のL-07Cでもやっぱり遅い。
・・・とはいえ、イオンSIM全盛期の遅さに比べれば、いくぶんマシになったように思う。
自分がhi-ho 128Kの速さに慣れてしまったのが原因だろう。

実際にイオンSIMとIDEOSを試せる機会はあまり無いので、お近くの方は行ってみてはどうだろう。他のコーナーを見て歩くのもなかなか楽しい。