2012年8月23日木曜日

タブレット+ドコモ3G回線が月2480円「edenTAB 3G 回線セットプラン」


今日も新しいMVNOのニュースだが、ちょっと変わっている。
オフィスソフトなどで知られるキングソフトがドコモMVNOに参入し、グループ会社のタブレット「edenTAB」と3G回線をセットで売り出すという。


キングソフトがMVNOに参入--タブレットと3G回線をバンドル販売 - CNET Japan

通信速度に応じて2つのプランがあり、128kbpsの「おてがるプラン」は月2480円、7.2Mbpsの「スタンダードプラン」は月4580円となる。いずれも2年縛り。

MobileInStyleオンラインショップで詳細を見てみると、128kbpsのほうは動画やVoIPは使えないと明記されているので、プロトコル制限をかけているのだろう。

また、いずれのプランの商品も「Google Play」が入っておらず、かわりに独自マーケットの「Tapnowマーケット」が使えるとある。

スマートフォンとMVNOの組み合わせには、言わずとしれた「MEDIAS for BIGLOBE」があるが、タブレットとの組み合わせは初めてだ。

ただ、スマートフォンは「とりあえず安いプランで持ってみたい」という人も多いと思うのだが、タブレットは正直どうだろう。まだ「家の中で使うもの」というイメージが強いので、3G回線はそこまで必要とされていないのではないだろうか。