2012年7月9日月曜日

最近発表された無料Wi-Fiあれこれ

コンビニ大手のセブンイレブンとローソンが、無料で使える公衆無線LANを発表して以来、同様のサービスを提供する企業が増えてきている。
以前、このブログでも「無料または少額で使える高速サービス」という記事を書いたが、その時よりも「出先で手軽に使える無料Wi-Fiが増えた」感じだ。

Free Wi-Fiサービス「at_STARBUCKS _Wi2」を開始 | スターバックス コーヒー ジャパン

紀伊國屋書店、主要店舗に独自のWi-Fi環境の設置を開始 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

西新宿エリアにおいて公衆Wi-Fiサービスを展開 | 2012年 | KDDI株式会社

京都市、無料の無線LANスポット整備、バス停・コンビニなど市内に630個所 -INTERNET Watch

福岡市 福岡市公衆無線LAN『Fukuoka City Wi-Fi』拠点拡大!

最近発表されたものをざっと挙げてみたが、上の2つが店舗内サービスであるのに対して、下の3つは「街の活性化」を目的としたエリア限定サービスであるのが面白い。今後こういう取り組みも増えていくだろう。

ただ、このような公衆無線LANを使っていてよく思うのが「意外と繋がりにくい」ということだ。電波が届いていないということではなく、おそらく接続数の上限に達してしまっていたりとか、単純に接続するまでの手順が多くて面倒になってしまうとか、そういうことだ。

また、ローソンWi-Fiの時もさんざん言われたように、フリーなだけにセキュリティも気になる。その辺はこちらの記事が詳しいので、参考にしてほしい。

フリーの公衆無線LANには危険が多すぎる : chimtty.net