2012年6月17日日曜日

【番外編】IKEAが通販をやらない理由

このブログではよく100円ショップの話題を取り上げるが、安くていろんな物が揃っているという意味でIKEAも好きだ。この記事をみてもわかるとおり、IKEAは家具だけでなくオフィスで使えそうな雑貨も充実している。

誠 Biz.ID:3分LifeHacking:全部買っても6000円以内――IKEAでそろえるオフィス快適グッズ7選 (1/3)

IKEAには通販がない

私の近所だと船橋か新三郷に行くことになるが、どちらも少々行きづらい。通販で買えたらいいのに・・・と思ったことも何回かあるが、実はIKEAは通販をやっていない。

国内でよくIKEAと比較される無印良品やニトリは、どちらも公式サイトに個別商品のページがあってそこから注文もできるが、IKEAは個別ページはあるのに注文できない。非常にもどかしい。

それゆえ、IKEAには「買物代行業者」が数多く存在する。注文された商品をIKEAで買い付けて発送して手数料をせしめる商売だが、これらがIKEA公式サイトそっくりなWEBサイトを開設していていて問題にもなっている。


IKEA公式サイトの注意

ここまでされて、なぜIKEAは通販をやらないのだろうか。
試しにぐぐってみると、それらしい答えがいくつか見つかる。大量の商品の注文を受けて発送するには、Amazonのような効率化されたシステムがなければ儲からないから、というのは確かにそのとおりだなと思った。

が、実際に店舗に行ってみると、また違った答えが浮かんでくる。

IKEAはテーマパーク

これもまた有名な話だが、IKEAの店舗の中はまるで迷路のようにできている。まず2階に上がり、リビングやベッドルームといった部屋ごとのディスプレイを見て回り、その後1階に降りて雑貨や大型家具をピックアップしてレジへ進む、という仕組みだ。

IKEAレイアウトの秘密!迷路に誘い込む戦略とは | ロケットニュース24

この記事ではただ「迷路」と称されているが、その途中には子供の遊び場があったり、レストランやコーヒースタンドやスウェーデン食材のお店まであり、まさに1日中飽きさせない。

こうして歩き回ってみると、IKEAは家具や雑貨を売る店というよりは、スウェーデンのモダンなインテリアを主題にしたテーマパークなんだ、という理解の方が正しいと思えてくる。

このテーマーパークに足を運んでもらって楽しんでもらって、ついでに買い物や食事をしてもらって初めて、IKEAの商売は成り立っているのだろう。通販で99円の水差し一つから買われてしまっては、IKEAはコストをペイできないのではないか。

・・・しかしせめて、もうちょっと交通の便のいいところに雑貨だけのお店でいいから出してくれないか、と思ってしまう。なかなか買物に行けない愚痴である。