2012年6月12日火曜日

「おこづかいで持てるスマートフォン」 日本通信のIDEOSが値下げされた

このブログのtwitterアカウントでもお知らせしたとおり、日本通信がIDEOSを値下げし、かつ200日使えるSIMを付けて新発売した。


日本通信、この夏一番お得なテザリング対応スマホ 200日SIMが付いたIDEOSを19,800円で新発売|日本通信株式会社

このIDEOS、先日のMEDIAS for BIGLOBEの記事でも書いたとおり、MVNOキャリアが発売するスマートフォンのはしりである。

「おこづかいで持てるスマートフォン」

というキャッチフレーズは、当時とても衝撃的だった。

「子供のお小遣いで持てる」Android端末を――日本通信が目指す“スマホ価格破壊”戦略 - ITmedia +D モバイル

この記事を見ると、もう1年半も前のことなのかと驚いてしまう。
しかしその1年半の間に、時代はすっかり変わってしまった。当時スマートフォンはまだまだ「特別な一部の人が持つもの」だったが、イオンSIMの登場とドコモの端末投売りにより、お金をかけずにスマートフォンを持つことができるようになった。

そういうご時勢で、このIDEOSでは、正直見劣りしてしまう。
今回の値下げは「在庫処分」の意味合いもあるだろうから、新たな「スマホ価格破壊」の登場を待ちたいと思う。