2012年6月3日日曜日

つり革広告におサイフケータイ?

先日地下鉄に乗った時に、つり革に上の写真のようなFelicaリーダーがついていた。
数日前にちょうど以下の記事で読んだばかりだったので、「ああ、あれか」とすぐに分かった。

FeliCaリーダー内蔵のつり革広告が登場 - ケータイ Watch

私はおサイフケータイ端末を持っていないのでタッチしなかったが、正直持っていたとしてもタッチしなかったと思う。
まず、自分の顔より上に端末をわざわざ持ち上げるなんて面倒だし、人目も気になる。タッチした時に音が鳴ったりしたら赤面ものだ。
また上の記事によると、タッチした時に取得するのは広告のURLらしいが、地下鉄では肝心の電波が繋がらない。繋がるところに出てからわざわざアクセスしようと思うほど、魅力的な広告とも思えなかった。

地下鉄の広告はJRより単価が高いらしい。なぜなら、地下鉄は窓の外の景色を見ることができないため、自然と車内の広告に目が行くからだそうだ。
つり革広告におサイフケータイというのも、こういうところから出てきたアイデアだろうが、車内は電波が入らないというのは検討しなかったのだろうか。