2012年5月5日土曜日

手書きメモ「simpleaf」とタッチペンが捗る!

前日の記事の続き。

スマートフォンを使い始めた当初は、小さい画面に指でメモを書くなんてあり得ないと思っていて、手書きメモアプリはまったく使う気がしなかった。
が、先日GalaxyNoteを使ってみて、スタイラスを使って書くのはアリだな、と思ったのである。
それが、この「simpleaf free」というアプリを使うきっかけになった

このアプリもあちこちのレビューで高い評価を受けている。そして何より、私が大好きな「シンプルで軽くてサクサク」なアプリだ。
このアプリのいいところは、通知領域からすぐに起動できるところだ。

通知領域から引き下ろして「タップして起動」を押すとメモ画面となる。
これはタッチペンで書いたが、指で書いても結構いける。
そしてこのアプリのいいところ2つめは、画面右中央の半月をタップすることで、半透明画面に切り替わることだ。

メモの下に起動しているアプリの画面が透けて見えるので、その内容を見ながらメモを取ることができる。
私は、何か記事を読みながら突然ブログのネタを思いついたりすることがあるので、そういう時にちょっとメモるのに使っている。

メニューボタンを押すと、「共有」「保存」「設定」のメニューが出てくる。

「共有」「保存」を選択すると、まず保存形式を設定する画面になる。

「クロッピング」にチェックを入れると、画像の余白部分をカットしてくれる。
保存時のサイズが分かるのが便利。
「共有」を選ぶと、共有できるアプリ一覧が出る。
これが保存したメモ画像。
右下に小さくアプリ名とアイコンが挿入されているが、大げさな広告ではないので好感が持てる。

無料版ではメモ10枚までの制限と、広告が出ることと、上記のように保存画像にアイコンが挿入される制限がある。ちょっとしたメモならこのままでも使えるが、使い込むなら是非100円の有料版を購入されたし。