2012年5月28日月曜日

JINS PC対Zoff PC、新商品ガチンコ対決の行方は

このブログでも以前この記事で取り上げたJINS PCとZoff PCについて、ここ数日で新商品の発売があった。

JINSが度付きに対応するのはこちらの記事にも書いたとおりだが、 その後、新デザインの発表があった。従来は長方形のスクエアタイプしかなかったが、より丸型のウェリントンタイプと、メタルフレームのタイプが加わった。
これはそれぞれ、従来のJINS PCに対する要望をくみ取った結果だ。スクエアタイプは横に細い形のため、「フレームが視界に入りやすい」という不満があった。これを解消するのがウェリントンタイプ。また、「プラスチックフレームは安っぽく見える」という不満に対する答えがメタルフレームというわけだ。


パソコンするなら、JINS PC® | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)

一方、JINSが度付き対応するということで、肩を並べられたZoffも黙ってはいない。
従来のZoff PCに対する「レンズの色が濃い」という不満の声をひっくり返す、クリアタイプを発売した。(こちらの記事にあるとおり、従来品のJINS PCとZoff PCを比べると、Zoffの方がより茶色っぽいようだ)
ただしこちらは、ブルーライトカット率が従来品の50%から37%に落ちるとのこと。とはいえクリアタイプは、従来の茶色いメガネに抵抗があった女性陣に強く訴求する商品となるだろう。

また、Zoffではフレーム代プラス5250円で度付きやクリアレンズに対応しているところを、6月10日までの期間限定でプラス3150円に値下げするキャンペーンを行っている。これは、JINSの度付き対応がプラス3990円となっているのを強く意識した価格だ。


メガネ(眼鏡・めがね) | Zoff(ゾフ) | Zoff PC

この両者、まさに「ガチンコ対決」の様相を呈している。
twitterでここ数日のつぶやきを見ていると、Zoffのクリアタイプの方が評判になっているように感じたが、さてこの対決、どうなることやら。

・・・そう遠くないうちに「ブルーライトカット老眼鏡」とか出てきそうな気がする。

【追記】
JINSもクリアレンズを発売、という記事はこちら