2012年5月29日火曜日

いろいろ残念な「ウィルコム+ソフトバンク」スマートフォン

本日はソフトバンクとウィルコムの合同新機種発表会があった。

ソフトバンクの方はどうでもいいとして、ウィルコムはPHSと3G回線の両方を使用するスマートフォンの発売がかねてより噂されていた。その詳細がついに今日明らかになった。


WILLCOM|イチオシ★ウィルコム ~DIGNOスペシャルコンテンツ~

端末名は「DIGNO Dual」。すでにauから出ている京セラ製スマートフォンと同じライン名となった。中身はふつうのAndroid2.3にワンセグと赤外線と防水機能をのせたくらいで、これといって目立った特徴があるわけではない。

PHS話し放題のAndroid『DIGNO DUAL』写真と動画で最速レビュー

この端末の最大の特徴は、やはりPHSと3Gの両方の通信に対応していることで、上の記事でもわかるとおり電話番号も2つある。
が、多くのウィルコムファンが期待していたであろう「PHSでのデータ通信」は出来ないのである。

そしてさらに残念なのは、この端末専用の料金プラン「ウィルコムプランD」だ。
3Gパケット定額5460円が「必須」なのである。これを外してこの端末を契約することはできない。
私もそうだが、「ソフトバンクの3Gは使いたくないから、Wi-Fiだけ運用できるのなら、ちょっといいかも」と思っていた人もいるかもしれない。 その夢も打ち砕かれた。

さらにダメ押しで、この端末に機種変更した場合、PHSのメールアドレスは引き継がれない。
これでは、従来のウィルコムファンに欲しいと思わせる要素は何もない。非常に残念だ。

音声端末の新機種の話題はこちら