2012年4月2日月曜日

私がPHSとスマートフォンを2台持ちする理由

人と話をしていて「携帯とスマホと両方持ってるとお金かからない?」と聞かれることがある。
最近「両方あわせて3500円くらいです(キリッ」と答える機会が多くなった。

しかし今日の相手は違った。
「安いのは分かるけど、2台持ちって煩わしくない?何か他に理由あるの?」と。
それはそうだ。
自分の中では2台持ちの理由は他にもいろいろあって、そういえばちゃんと書いたり話したりしたことはなかった。この機会にブログの記事に残しておく。

1.スマートフォン1台だと電池が持たない

これは使い始めて実感したことだが、スマートフォンでWebだけでなくいろいろなことをやり始めてしまうと、すぐにバッテリーが減る。なので通話はPHSで。ちなみにPHSは1日数回の通話とメールだけなら1週間ぐらいバッテリーは持つ。

2.Androidに個人情報入れておくのが不安

Androidにいろいろなアプリを入れていると、「いつ端末の情報を抜かれるか分からない」という不安がある。通話とメールはPHSにしておけば、Androidのアドレス帳を空にしておくことができるので、少しは安心。

3.リスク分散

ウィルコムとドコモ、両方の回線があれば、どちらかが潰れてもどちらかは生き残る可能性がある。先日の記事でドコモの障害のときウィルコムのメールで情報収集したことを書いた。まさにこういう時のためだ。

4.2台持ちするのにちょうどいいサイズ

先日の記事のとおり。もともとPHSは「小さく、軽い」が信条だった。スマートフォンとの2台持ちが脚光を浴びている今、やっと本来のPHSの良さが活かされてきていると思う。

会社で携帯を持たされている人は、3台持ちになってしまうので、さすがに煩わしいと思うが・・・。