2012年3月30日金曜日

「イオンSIMでLINE」について考える


【2014年4月追記】 「イオンのスマートフォン」でLINEが使えるかどうかを検索して、このページにたどり着いた人が多いようなので、追記します。
・「イオンのスマートフォン」でLINEの登録はできるか?→電話番号付きなので可能。
・「イオンのスマートフォン」だと遅くて使えないのか?→いわゆる「無料メール」は大丈夫。無料ビデオ通話、無料音声通話、LINE電話は難しいと思う。

---
HeyTellの記事を書いてから「イオンSIM LINE」という検索ワードでこのページに来る人が急増した。
LINEはご存じのとおり無料通話とチャットができるアプリで、先日も2000万ダウンロード達成のニュースが報じられたばかりだ。イオンSIMを使ってLINEで通話できたら・・・と考える人が多いのも無理はない。

先に結論を書いてしまうが、「イオンSIM使ってLINEで通話できますか?」の答えは「できない」。
理由は2つ。

1.LINEに登録するためには携帯電話の番号が必要

LINEの登録手順を見ると「登録時に携帯電話の番号を入力→その番号宛にSMSを送ってくる→そこに書かれている認証コードを入力→登録完了」となっている。なのでSMSを受信できる携帯電話の番号がないとそもそも登録できない。イオンSIMは番号持っていないしSMS使えないから登録できない。
(ただしイオンSIMの音声付きプランなら話は別。番号もあるしSMSも使えるのでおそらく登録できると思う)

・・・と書いたのは建前で、抜け道もある。
まず、イオンSIMを刺したスマートフォンの他にガラケーを持っている人なら、そのガラケーの番号で登録すればOK。詳しくはこちら
ガラケー持っていない人(私のようにPHS持ちの人など)は、SMSが使えるアプリ「Heywire」を入れると、SMSが受信できてLINEに登録できるらしい。こちらを参照。

2.そもそも遅くて使い物にならない

こちらの質問と答えを参照。 他のVoIP(Skypeなど)を使用している人の感想をぐぐってみると、やはり「相手の声は聞こえるがこちらの声が届かない」というようなものが多かった。
日本通信のtwitter公式アカウントも「イオンSIMではうまくいったらラッキーという感じ」という発言をしている。
ただ、これは当然イオンSIMのAプランの話で、BプランやCプランなら可能かもしれない。

どうしても「安いデータ通信SIMで通話したい」という人には、イオンSIMではなくIIJmioのミニマムスタート128プランをおすすめする。
こちらは、IIJmioのtwitter公式アカウントが「050Plusも問題なく使えた」と発言している。 050Plusで通話できるなら、おそらくLINEでの通話も可能なのではないか。検証したわけではないので確実とは言えないが。
【追記】実際にIIJmioで使ってみた人の記事はこちら
また、IIJの子会社でほぼ同じサービス内容となっている「hi-ho LTE typeD」も、 公式サイトで050Plusが使えると名言していることから、おそらくLINEも使用できると思われる。

チャット機能は?

あと、LINEには通話の他にチャット機能もある。チャットと言っても文字だけのシンプルなものとは正反対の、あえて言えば「デコメチャット」とでもいうべきものだ。こちらは、それなりに遅くなるだろうが、イオンSIMでも使えるかもしれない。検証したわけではないので(以下略)。

ここまで書いたら「登録して検証してみてよ」と言われそうだが、私は例えIIJmioに乗り換えたとしてもLINEを使うことはないだろう。だから検証する気もない。何故かついては次の記事で書く。これからLINEを使おうと思っている人はぜひ一読してほしい。