2012年3月21日水曜日

「JINS PC」と「Zoff PC」を試す

昨年の秋からスマートフォンを使い始めて、明らかに目が悪くなったと日々感じている。
とにかく目が疲れるのだ。
(こんなブログを書くくらい、いろいろ使い込んでしまっているのがいけないのだが)
そういうわけで、JINS PCのように、ブルーライトをカットするメガネには関心を持っていた。
で、たまたまJINS PCを貸してもらう機会があったので、小一時間ほどPC作業をしてみた。

JINS PCを試す

まず、レンズ。
公式サイトで見るとほとんど色がついていないように見えるが、とんでもない。かなり茶色い。
イメージとしては「大杉漣以上ピーコ未満」。
が、こちらの記事にあるとおり、 ある程度黄色っぽくなければ青色を打ち消さないので仕方ない。
そして、フレーム。
これはさすがエアフレームを謳うだけあって、軽い。付け心地も楽。
軽くぐにゃっとねじってみても全然平気。最近のメガネは良くできていると感心した。
そして肝心の効果だが、これは小一時間の作業でもはっきりわかるほど、目が楽になった。
はずしてみると、普通の蛍光灯の光でも「うわ、まぶしい!」と感じるほどだ。
目の負担を軽減する効果は、確かにある。

一方Zoff PCは?

このJINS PCを貸してもらった後、どうしても気になって、Zoffの店舗へ行ってみた。
こちらもZoff PCという、ブルーライトをカットするメガネを出したばかり。
せっかくだから比較してみたくなった。

ちなみにJINSはフレームは1種類しかない。そのかわり色は16色から選べる。
これに対してZoffは、店内にあるほとんど全部のフレームに対応しているという。

で、Zoff店内のコーナーには、いくつかのフレームに専用レンズが装着されたものが展示してあった。
手にとってかけてみる。やはり茶色い。
そのまましばらく手元のスマートフォンを操作してみた。やはりこちらも、はずした後に「まぶしい!」と感じるほどに効果はあった(短い時間しか試せなかったので残念)。
店員に聞いてみると、度付きレンズだと出来上がりまで数日かかるが、度無しレンズなら当日渡し可能ということだった。

両方使ってみて、感想は

比べてみて感じたのは、JINSの方は「いままでメガネをかけていなかった人向け」、Zoffの方は「ふだんメガネをかけている人向け」という販売方針なのかな、と。
なぜかというと、JINSは形が選べないかわりに「万人受けするフレーム」 で作ってきている。確かに、かけてみると誰でも「お仕事用メガネ」という印象になるし、あの茶色いレンズでも極力違和感のない形に仕上げている、と感じた。
一方Zoffは、多種多様なフレームから選べる。 普段メガネを使っていない人にとっては、あまりにも選択肢が多くて逆に困ってしまうだろう。そしてあの茶色いレンズと自分の顔にマッチしたフレームを選ぶのは、メガネ選びの経験がある人でないと結構難易度高いな、と感じた。そして何より、度付き対応。ふだん度付きメガネを使っている人は、今はZoffしか選びようがない。

個人的には、かけ心地のよさと安さwでJINSがいいなと思ったのだが、やはりフレーム1種類だと選ぶ楽しさが無い。どうやらJINSももうすぐ度付き対応するらしいので、その時にフレームも何種類か選べるようになることを期待して、もう少し待つことにした。

【追記】
アスキーに本格的な比較記事が出た。こういうのを待っていた!
こちらによると、Zoffのほうがレンズの色が濃いらしい。
また、私と同じように「JINSはメガネをかけていない人向け、Zoffはメガネをかけている人向け」と出ていて嬉しくなった。

JINS PCを実店舗で試着した記事はこちら
JINS PC、Zoff PCそれぞれの新商品の記事はこちら