2012年2月24日金曜日

遅すぎるイオンSIMをそこそこ快適に使う SLater - Search Later編その1

Read It Laterは確かに便利なのだが、読みたい記事が決まっている時しか使えない。そうではなくて、何かを検索してその結果を後で読むことはできないだろうか?と思い探してみると、まさにそういうアプリがあった。それが今日紹介する「SLater - Search Later」だ。検索をバックグラウンドで行うだけでなく、検索結果の1番目のページをまるっと保存してくれるという、面白い機能を持っている。
ただこのアプリ、ぐぐっても日本語の紹介が全く見当たらない。そのため、今回はスクリーンショット多めで紹介する。

アプリを立ち上げたところ。左上の「+」をタップすると検索画面となる。


検索エンジンは以下のものを選べるが、残念ながらAmazonとWiktionaryは日本語が通らない。それ以外は日本語の検索も可能。
検索したい単語を入れ、Addボタンを押すと、検索が始まる。バックグラウンドで検索してくれるので、ボタンを押したら別のアプリで別の作業をしてもよい。


検索が終わると、結果が一覧に表示される。


タップすると、指定した検索エンジンでの検索結果画面となる。


「Google First Result」タブをタップすると、検索結果1番目のページが丸ごと保存されていて、オフラインで読むことができる。ただし画像は表示されないようだ。


ニュースを検索したいときは、Bing(news)を使う。


検索結果。日本語のニュースも検索できる。




一覧画面に戻って、結果を長押しすると、メニューが立ち上がる。検索エンジンや単語を変えて再検索したいときは「Edit SLate」を使う。


先ほどの「optimas chat」という単語で、今度は画像検索をしてみる。(optimasの綴りが間違っている。。。)


画像検索の場合は、検索結果1番目を保存という機能はなく、最初の10件をサムネイル表示してくれる。


今度はWikipediaで検索してみる。


検索結果。やはり画像は表示されないが、1ページまるごと保存されている。


長くなったので、その2に続く。