2012年2月13日月曜日

遅すぎるイオンSIMをそこそこ快適に使う 天気・乗換・渋滞情報編

モバイル端末で使いたい定番機能3つについて、「イオンSIMでもサクサク動く」という観点で紹介する。

○天気予報
残念ながらイオンSIMでは「ウェザーニュースタッチ」のようななリッチなクライアントは無理。
自分は「ピンポイント天気」を使っている。
これのいいところは、3時間ごとの予報を2日分と週間予報を1画面で表示してくれるところだ。
広告なしですっきり見やすいし、動きも軽い。


アプリにこだわりがなければ、RSSリーダーにtenki.jpのRSSを登録して、そこから見るのが一番速い。1日3回更新されるし、1週間分の予報が見られる。
【追記】
3月1日よりtenki.jpでは主要都市について10日間の予報がでるようになり、RSSでも10日分表示されるようになった。更新頻度も1日4回となった。お試しあれ。


○乗り換え検索
OperaMiniを入れるまでは「路線ドロイド」を使っていた。アプリサイズが非常に小さく、起動が速いからだ。ただし入力画面で駅名等入力した後は、Google、goo、Yahoo!の各乗り換え検索サイトに飛ばしているだけで、検索はそれほど速いとはいえない(普通にブラウザで検索するのと変わらない)。
OperaMiniを入れてからは「goo路線」を使っている。OperaMiniでも表示が崩れないし、検索結果から「5分前」「5分後」が探せるのもいい。
【追記】
OperaMiniでgoo路線がスマートフォン表示されなくなってしまったorz
ので、路線ドロイドに戻りました。


運行情報が知りたければ、やはりRSSリーダーに「鉄道コム」 のRSSを入れておくと便利。


○道路渋滞情報
これはもう「渋滞状況」で決まりだろう。JARTICの渋滞情報を表示するアプリだが、イオンSIMでもけっこうサクッと表示してくれる。高速と一般道の両方に対応し、よく使うエリアはブックマークしておくことができる。やはり広告なしで動きも軽い。クルマに乗る機会が少ない人でも、ブラウザで検索して表示よりずっと速いので、入れておいて損はない。