2012年2月10日金曜日

遅すぎるイオンSIMをそこそこ快適に使う ウェブ編その2

ウェブ編その1の続き。まだの人は先に読んで欲しい。

で、OperaMiniとGoogle Mobilizerの組み合わせだが、これは捗る!
標準ブラウザとGoogle Mobilizerの組み合わせよりも、体感でかなり速く感じる。
Googleの変換とOperaの変換、2つのサーバを通しているので、効率は悪いはずなのだが、やはりGoogleでいったん軽くしてOperaに送っているのが効いているのだろう、Operaでの表示の待ち時間がかなり短い。
Instapaper Mobilizerを使ってもいいのだが、速さを求めるならGoogleの方がよい。

だた、その1で紹介したブックマークレットを使うと、見たいページでその都度ブックマークを開いてGoogle Mobilizerを適用、というステップがだんだん面倒になってくる。
自分の場合、いつも見るサイトは全部RSSリーダーからアクセスするので、わざわざブラウザを立ち上げる時は「何かを検索したい時」なのだ。
なので、OperaMiniの検索バーを、Google Mobilizer対応にしてみた。

以下、やり方。
OperaMiniには検索エンジンとしてGoogleが初期登録されているので、それ以外の検索エンジンの
サイト(ここではYahoo!Japan)にアクセス。
その検索窓の上を長押しすると、以下のようなメニューが表示されるので、「検索エンジンを追加」を選ぶ。


検索エンジンが追加されるので、確認のため右上の検索バーをタップ。
検索エンジンのファビコン右横にある下向き三角をつつくと登録検索エンジン一覧が出る。
一番下の「検索エンジンの管理」を選ぶ。


検索エンジン一覧から、さきほど登録したYahoo!Japanを長押しして「編集」を選ぶと、編集画面になる。


URLの頭に以下の文字列を追加。
「http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&u=」
検索エンジンのタイトルも「Google変換」等わかりやすくしておく。


登録が終わったら、再び右上の検索バーから検索エンジンを選ぶ。


 この状態で検索すると、検索結果自体にGoogle Mobilizerが適用される。


この検索結果からアクセスした先のページもGoogle Mobilizerが適用される。


これで、検索も速く軽くできるようになった。
ただしOperaMiniのタスクを終了させて再度起動すると、検索エンジンがデフォルトのGoogleに
戻ってしまう。root取ってれば変えられるはずなので、そのうち調べる。