2012年2月17日金曜日

L-04C エリアメール対応アップデート

昨日、L-04CとL-07Cの両方について、エリアメール対応アップデートが始まった。
L-07Cについては、アップデート後の再root化がSuperOneClickではできないようなので、様子見。
L-04Cはさくっとアップデートが完了したので、手順を残しておく。

まず、アップデートの前に念のためL-04Cをunroot化しておいた。
AdAwayを無効化し、ESファイルエクスプローラのrootエクスプローラを解除し、再起動。
USBデバッグモードにし、SDカードのマウントを解除。
USBケーブルでPCに接続し、SuperOneClick1.7を起動、右上のrageagainstthecageにチェックを入れて「unroot」ボタンを押下。しばらく待つ。「Device does not have Superuser!」が表示されれば成功。

次にアップデート。
あらかじめL-04Cのドライバを入れておき、LGMobile Support Toolをダウンロードしておく。自分のようにL-07Cのアップデートに使ったドライバとLGMobile Support Toolが入っている場合は、アンインストールしてからL-04C用のを入れることを忘れずに。
USBケーブルでPCに接続し、LGMobile Support Toolを立ち上げる。
「新しいソフトウェアバージョンがあります。ソフトウェア更新を行ってください。」
が出るのでOKする。途中、L-04C本体の画面が黄色くなり「Updating...」と表示される。
6分ほどで完了。LGMobile Support Toolが再度L-04Cと接続し、本体バージョンがV10Fとでる。
L-04C本体は電源が切れているので電源を入れる。
本体でバージョン確認。V10Fとなっている。

ここでアプリ一覧をみると、エリアメールの他に、先日アンインストールしたアプリが全部復活して並んでいる。がっかり。
そういうわけで再root化を行う。
SuperOneClick2.3.3をどこかから落としてくる(自分はL-07Cのroot化の時使っているので手元にある)。
USBデバッグモードにし、SDカードのマウントを解除。USBケーブルでPCに接続し、SuperOneClick2.3.3を起動、rootボタンを押下してしばらく待つ。ダイアログはOKで答える。完了。
途中でエラーになり、本体を再起動後SuperOneClickを実行するとroot化成功、ということもあるようだが、自分は一回で終了した。
TitaniumBackupで、また一から不要アプリのアンインストール。

あと、エリアメールのアプリで受信音の確認をしたが、かなり大きな音が鳴るので服にくるむ等した方がいい。 受信する機会はないに超したことはないのだが。

そもそもイオンSIMでエリアメールが受信できるのか?ということについては、「できる時とできない時がある」というグレーな状態らしい。ドコモの公式サイトには
「エリアメールはiモードサービスのご契約や受信のお申込みをすることなくご利用いただけます。」
とあるので、 理屈では対応端末であればイオンSIMでも受信できると思うのだが。

【追記】
b-mobileのSIMでエリアメールを受信した実績はあるとのこと。
docomoのエリアメールの着信条件まとめ
【スマホ生活】エリアメール
b-mobileでもエリアメール受信