2012年2月16日木曜日

IIJmio「ミニマムスタート128プラン」「ファミリーシェア1GBプラン」について考える

昨晩、急いで更新したIIJmio「ミニマムスタート128プラン」記事の反響が大きい。
もう少し掘り下げて考えたいと思う。
(自分はLTE対応端末は持っていないので、速度は3Gの場合で書いている)

まず、昨日も書いた「ミニマムスタート128プラン」だが、このプラン、何もしなくても月額945円で最大128kbps出るわけだ。これだけでイオンSIMより安くて速い。
しかし、このプランの狙いは、やはり525円で100MBの追加クーポンにあるのだろう。
(128kbpsと100MB、二つの数字が出てくるが、前者は通信速度、後者は通信量)
このクーポンを購入すると、上り下りあわせて100MBのデータ通信量を使い切るまでは、下り最大14Mbps出るのだ。945+525=1470円で、3Gハイスピードの環境が手に入ることになる。これは大きい。
ちなみにクーポンの有効期限は3ヶ月とのことなので、3Gハイスピード環境を維持する最低料金は、1ヶ月あたり(945+945+945+525)/3=1120円ということになる。
ただし、この「上り下りあわせて100MBのデータ通信量」がくせもので、実際には3ヶ月で100MBなんて普通は無理だろう。1ヶ月でもけっこう厳しい。
しかし、普段からイオンSIMのような使い方(家ではWi-Fi、外ではテキスト中心の通信のみ)をしていれば、 それなりに持つのではないか、とも思う。使い切ってしまっても128kbpsに戻るだけで、通信そのものができなくなるわけではないし。

つまりこのプラン、「外ではメールとツイッターと軽い調べ物しかしない、でもイオンSIMじゃ遅くてイライラする」という人に最適のプランなのだ。イオンSIMにプラス500円ほどでストレスのない環境が手に入る。

「ファミリーシェア1GBプラン」はもっといい。
SIMは最大3枚までとあるが、自分は端末を2台しか持っていないので、ここではSIM2枚で話をする。
月額2940円で、1GBのクーポン(こちらの有効期限は1ヶ月)が付いている。つまり1台あたり月500MBまで3Gハイスピードで通信可能なのだ。これはさきほどの100MBに比べるとかなり現実的な数字だ。外で動画やストリーミング系のコンテンツを使ったり、大きなサイズの写真をアップしたり、そういうことがなければ500MBでおさまりそうな気がする。1台あたり月1470円だから、先ほどの128kbpsプラン+追加クーポンと同じ価格になるが、通信量についてはだいぶ余裕がある。そしてこちらも、1GBを使い切っても128kbpsに戻るだけだ。


まぁ、申し込みが集中してサービスインしてみたら激遅だった、というオチもあるかもしれないので、少し様子を見る必要があると思う。しかしそれもバックボーンがIIJならそんなに酷くはなるまい、という思いもある。なかなか悩ましい。