2012年2月22日水曜日

b-mobileが「基本料0円SIM」をヨドバシカメラで発売

先日のIIJmioに続き、イオンSIMの提供元であるb-mobileが新たなプランを発表した。
その名もずばり「基本料0円SIM」。ヨドバシカメラ限定で発売するという。

b-mobile 基本料 0円 SIM | 月額基本料0円のハイスピードSIMが登場

詳しくは公式サイトを見ていただくとして、ポイントは
・全く使用しなかった月は0円(ユニバーサルサービス料もかからない)
・100MBまでは1MBにつき37.8円の従量課金、100MBから1GBまでは定額で月額3780円
・2年縛りや解約金はない
・ヨドバシカメラの実店舗とヨドバシドットコムで発売、3150円(SIMの代金として)
というところだろうか。

うーん、「使わなかった月は0円」というのは画期的だが、それ以外の面でいろいろ微妙なプランだ。
まず価格。1GBで3780円というと、同じb-mobileの「1GB定額」の追加チャージが3100円、IIJmioの「ファミリーシェア1GBプラン」が2940円だから、かなり高めだ。
この価格設定を考えると、このプランは「バリバリ使いたい人向け」ではなく「ほんのちょっと使うかもしれない人向け」ということになる。主に、スマートフォンやタブレットを複数持っていて、メインは他のプランでバリバリ使っているけど、サブはちょっとしか使わないのでなるべく安く済むSIMを入れておきたい、という人向けのプランなのだろう。実際イオンSIMもそういう用途で契約している人は多い。
が、複数持ちにはIIJmioの「ファミリーシェア1GBプラン」のほうが魅力的という人も多いだろうし、そもそも複数持ちはテザリングとかモバイルルーターとかで今まで運用してきている人も多いわけで、そういう人が果たして3150円の初期費用を払ってこのプランを契約するだろうか?と疑問に思ってしまう。

さらに、このプランのいやらしいところは、
> 過去6ヶ月間のデータ利用量の合計が1MB未満の場合、利用契約を解除いたします。
というところだ。とりあえず「使わなかったら0円だからいいや」と思って契約したのに、半年後には知らないうちに契約解除されてた、なんてケースが出てきそうで怖い。
【追記】twitter公式アカウントによると、契約解除前にはメールで通知するとのこと。無断で契約解除されるわけではない。

とはいえ、データ通信SIMの選択肢が増えるのはよいことだ。3月にはIIJmioの2つのプランとドコモ本家の128kプランもサービスインする。来月の動向から目が離せない。

【追記】
IIJmioが先日のプランの端末検証会を開催するそうだ。自分で端末を持ち込み、高速モバイル/DのSIMカードを刺して利用可能かどうか確かめることができる。マイナーな端末をお持ちの方は参加してみてはいかがだろう。
IIJmio高速モバイル/D 端末検証会